抜け毛が止まらない!AGA治療に効果がないと言われる8つの理由

「AGA治療は効果がないと言われているのは本当なの?」
「治療で効果が感じられない場合の対処法を知りたい」
このように考えてはいませんか。

AGA治療の効果がないといった意見により、治療を始めるべきか悩んでいる人も多いでしょう。
AGAで効果がないと言われる理由は、正しい方法で治療が行えていない場合や、知識不足なケースがほとんどです。
AGA治療は正しい方法で治療を行えば、効果が期待できる治療です。

本記事ではAGA治療で効果がないと言われる理由や、効果がない場合の対処法を紹介します。

AGA治療を始めて効果がないと悩んでいる方や、効果がないなら治療したくないと考えている方は、本記事の内容を参考にしてください。

AGA治療の効果がない理由

AGA治療の効果がない理由
AGA治療で効果がないと言われる理由には、正しい知識を持っていなかったり、治療方法を間違えていたりするケースがほとんどです。
ここからはAGA治療の効果がない理由を8つ紹介します。

治療開始して間もないから

AGA治療を開始して間もない場合、効果を実感できません。

AGA治療は効果を実感するまでには、最低でも半年以上必要です。
AGAはヘアサイクル(毛髪の成長周期)が、乱れることにより起こる脱毛症です。

治療を行うことにより乱れてしまったヘアサイクルを、正常に戻すのに3ヵ月〜6ヵ月程度かかるといわれています。
正常なヘアサイクルとなった新しい毛髪が成長するまでに、ある程度の期間が必要となるため、治療を開始してすぐには効果がでません。

AGA治療を始めたら1年間は経過観察してから、効果がないかどうか判断しましょう。

初期脱毛の段階だから

AGA治療で効果がないと言われる理由は、初期脱毛の段階だからです。
AGA治療を始めると、一時的に抜け毛が増える初期脱毛が起こります。

初期脱毛は治療開始してから、2週間〜1ヵ月程度ではじまります。
初期脱毛がなぜ起こるかというと、乱れたヘアサイクルの髪の毛が抜けることで、正常なヘアサイクルの髪の毛を育てるためです。

初期脱毛はヘアサイクルを正常に戻すための副作用なので、治療が効いている証拠でもあります。
初期脱毛が始まってから、1ヵ月半〜3ヵ月程度でおさまるため、その期間は抜け毛が多くなることを理解しておきましょう。

また、抜け毛が増えてAGAが悪化したと勘違いし、治療を止めるのはNGです。

治療薬の使用方法を間違っているから

AGA治療で効果がない原因は、治療薬の使用方法を間違っているからです。
AGA治療に限らず薬を服用する場合は、用法・用量を守って使用しなければ、期待通りの効果が得られません。

治療薬を正しく使用できていない例として、治療薬の飲み忘れがあります
AGA治療では毎日決められた量の薬を飲む必要がありますが、飲み忘れにより薬を服用する回数が減ってしまうと、効果が得られません。

一方で、飲み忘れたからといって、決められた量よりも多く服用するのはNGです。
過剰に薬を服用した場合、効果が得られないだけでなく、副作用のリスクが高まるため危険です。

治療を始める前に、専門医から用法や容量について説明を受けて治療薬を正しく使いましょう。

治療薬が合っていないから

AGA治療で効果がない理由は、治療薬が合っていない可能性が考えられます。

治療薬は個人の体質やAGAの進行度によって効果が異なります
体質やホルモンのバランス、頭皮の状態などにより、治療薬の効果に影響を与えるからです。

また、AGAは進行性のある脱毛症であり、進行度によって薬の効果が変わります。
そのため、今の薄毛の状態に対して、治療薬が弱い可能性も考えられます。

もし治療薬が合っていないと感じたら、医師に相談し、他の治療薬や治療方法を試してみましょう。

治療をやめてしまったから

AGA治療に効果を感じられなかった場合、治療を自己判断でやめてしまうのはNGです。
効果を感じられないとしても、やめるかどうかの決断は、医師と相談してから決めましょう

前述しましたがAGA治療では効果を感じられるまで、最低でも半年は必要です。
効果が得られる前に治療をやめてしまうと、医師から見たら「もう少し継続していれば効果がでていたのに」という状況になる可能性があります。

また、AGAは進行性の脱毛症なので、自己判断で治療を中止すると再び薄毛が進行します
治療を中断し、そのまま放置しておくと薄毛の症状が悪化するので、自己判断では中止しないようにしましょう。

AGAが進行しているから

AGA治療を始めるのが遅かった場合、効果を実感するまで時間がかかるため、効果がないと感じるかもしれません。

AGAは進行性のある脱毛症であるため、時間経過とともに薄毛が進行していきます。
そのため、AGA治療を始めるのが遅いと、どんどん薄毛が進行してしまい、薄毛を改善するまでに時間を要します。

ただし、AGA治療を始めるのが遅いからといって、諦める必要はありません。
AGAが進行してしまっている場合は、医師に相談し個人に適した治療プランを作成することで、状態の改善や進行の遅延が期待できます

薄毛の原因がAGAではないから

AGA治療で効果を感じられない場合、薄毛の原因がAGAではない可能性があります。
薄毛だと感じたときにAGAを疑うかもしれませんが、男性の薄毛にはさまざまな種類があります。

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症
  • 牽引性脱毛症

これらの脱毛症はストレスや栄養不足、皮膚病などから薄毛を引き起こす可能性があります
原因がAGA以外だった場合、AGA治療を長期間行ったとしても、薄毛の改善はみられません

薄毛が気になったらAGAなのかどうかを医師に判断してもらい、最適な治療を施しましょう。

個人輸入した薬を服用しているから

AGA治療で効果がない理由は、個人輸入で薬を購入しているからです。
AGAの治療薬である「ミノキシジル」「フィナステリド」は、個人輸入で入手できます。

ただし、個人輸入で購入した薬は品質が保証されておらず、偽物かもしれないため、注意が必要です。

個人輸入で取り寄せた治療薬は、「有効成分が含まれていない」「不純物が混入している」など、偽造品や粗悪品があります
また、効果が出ないだけでなく副作用が起こり、健康被害を受けるリスクもあります。

さらに、個人輸入では「医師の診断を受けられない」「国による救済措置が受けられない」など、デメリットが大きいので、個人輸入で治療するのはやめましょう。

効果がない場合の対処法

効果がない場合の対処法

AGA治療で効果がでない原因を理解し、気をつけていたとしても、効果がでないことがあります。
ここでは、AGA治療で効果がない場合の対処法を紹介します。

最低でも1年間は治療を継続する

AGA治療は最低でも1年間は治療を継続してから、効果がないか判断しましょう。

AGA治療はヘアサイクルを正常に戻す治療方法であり、即効性がありません。
長期的に継続することで、正常なヘアサイクルに戻り、効果が得られる治療です。

効果が得られるには6ヶ月〜1年の期間が必要とされているため、1年間の治療継続が推奨されています。
AGA治療はすぐに結果が出るわけではないので、1年は続ける覚悟を持ってから治療を始めるようにしましょう。

AGA治療をやめるとどうなる?やめどきと一生続けるべきかを解説

内服薬と外用薬の両方を使用する

AGA治療では毎日錠剤を服用する内服薬と、頭皮に有効成分を塗布する外服薬があります。
AGA治療では内服薬を使用し、外用薬を補助的に使用するのが一般的です

抜け毛の原因となるホルモンの抑制と、発毛を促進する2種類の内服薬を服用し、外用薬で発毛促進効果のアップを期待する治療方法があります。

なるべく早く治療の効果を実感したい方は、内服薬と外用薬を併用するのがおすすめです。
ただし、使用する薬が増える分、金額も上がるため、経済的状況を考えながら医師と治療方法を決めましょう。

日頃の生活習慣を見直す

AGA治療で効果がない場合は、日常の生活習慣を見直してみましょう。
AGA治療の効果を高めるためには、毎日の生活習慣を見直すことも重要です。

現在の生活で以下のことを、意識できているか確認してみてください。

  • ストレスの発散
  • 睡眠時間の確保
  • 栄養バランスの良い食事

ストレスはホルモンバランスを乱します。
それによりAGAの進行を促進させる可能性があるため、注意が必要です。

好きな音楽を聴いたり、サウナに入ったりなど自分なりのリラックスするテクニックを学び、ストレスを適切に管理することが大切です。

また、バランスの良い食事をすることにより、髪の毛の健康を保つために必要な栄養素を提供してくれるため、髪の毛の成長を促してくれます。

クリニックの担当医に相談する

AGA治療に効果を感じられない場合、クリニックの担当医に相談しましょう。
相談することにより、今後の治療方針について考え直す機会となります

AGA治療の効果をもう少し高めたい場合は、AGAの治療薬を増やし、治療効果を高める治療へ変更可能です。

一方で、効果が全く出ていない場合は、そもそもAGAが原因ではない薄毛の可能性があるので、AGA以外の治療方法を検討する機会となります。

AGA治療で効果がでないとしても自己判断では、治療を中止せずに担当医に相談しましょう。

クリニックを選び直す

AGA治療で効果がない場合、クリニックを選び直すのが効果的です。
効果が出ない場合は、クリニックで提案された治療が合っていない可能性があります

AGAクリニックでは内服薬の​​投薬治療だけでなく、外用薬の塗布や薬剤を頭皮に直接注入する治療があります。
選んだクリニックが内服薬の治療しか対応していない場合、外用薬や直接注入する治療を試す機会がありません。

一方で、内服薬以外の治療を行っているクリニックへ変更することで、効果が現れる可能性があります。
多くのAGAクリニックは無料カウンセリングを設けているので、合うところが見つかるまで探し続けるのもひとつの手段です。

AGA治療で効果が出やすい人の特徴

AGA治療で効果が出やすい人の特徴

AGA治療では効果が出やすい人の特徴があります。
効果が出やすい人の特徴は、以下のとおりです。

  • AGA発症直後に治療を始めている
  • 定期診察を受けている
  • 治療を継続できる
  • 薬を飲むのを忘れない工夫をしている
  • ゴールを決めている

AGA治療は薄毛が進行する前に治療を始めれば、効果が出やすい治療です。
薄毛に悩み始めたら1日でも早くクリニックへ相談へ行きましょう

定期検診をきちんと受けている、薬を飲むのを忘れない工夫をしている方は、正しい治療が行えているので、効果が出やすいです。
薬の飲み忘れはよくある失敗なので、スマホでリマインドをセットしたり、薬を飲んだら手帳にチェックをつけたりなど、自分なりのやり方を見つけましょう。

「5年前の自分に戻りたい」「やってみたい髪型がある」など、ゴールが決まっている方は、モチベーションを維持しやすく、治療を継続できる傾向にあります。

まとめ

まとめ
AGA治療で効果がないと言われる理由を紹介してきましたが、ここでその理由を復習しておきましょう。

  • 効果が出るまで最低半年は必要なのに対し治療開始して間もないから
  • 初期脱毛の段階で抜け毛が増えているから
  • 飲み忘れや飲み過ぎなど治療薬の使用方法を間違っているから
  • 効果を実感する前に治療をやめてしまったから
  • 現在使用している治療薬が合っていないから
  • AGAが進行しており薄毛が改善するまで時間がかかっているから
  • 原因がAGAではないのにAGA治療を行っていたから
  • 個人輸入で薬を購入しており偽物の治療薬を服用しているから

AGA治療はクリニックで診察してもらい、医師から処方された治療薬を服用していれば、薄毛が改善していきます。
また、長期的な目線を持ち1年以上の経過観察を行うことで、効果が出やすい治療です。

AGA治療を行う場合は、自己判断で治療を始めず、クリニックに相談してから治療を始めるようにしましょう

バウム美容外科のオンライン診療

「痩せたくていろいろなダイエットを試したけどどれの効果がない」
「最近シミやシワが気になる」
「疲れやだるさが抜けない」

 

このようなことで悩んでいませんか?
バウム美容外科は2021年に開院した美容医療の最先進国である韓国の美容外科手術が日本で受けられる美容外科です。
そのバウム美容外科が外科手術には少し抵抗があったり、予算的に難しい方のために始めたのがオンライン診療です。

  • オンライン診療だから全国どこからでもご自宅で受診可能
  • お薬がご自宅に直接届く
  • お手頃な価格で最先端治療が受けれる
  • しつこい勧誘は一切なし
 

ぜひバウム美容外科のオンライン診療をお試しください。