GLP-1受容体作動薬とは|効果や副作用、注意点をわかりやすく解説

糖尿病治療に用いられる「GLP-1受容体作動薬」。
これはインスリン分泌を促して血糖値を下げる効果を期待きるお薬です。
食欲抑制効果もあるため減量目的でも使用されますが、あくまで対象は糖尿病患者さんです。

こちらの記事では、GLP-1受容体作動薬の特徴、作用の仕組み、副作用、主な種類について解説しています。

GLP-1受容体作動薬とは

GLP-1受容体作動薬とは
GLP-1受容体作動薬とは、体内のホルモン「GLP-1」の分泌を誘導し、インスリン作用を助けて血糖値を下げる糖尿病治療薬です。
膵臓の機能が低下してインスリンが出にくくなっている糖尿病患者さんがGLP-1受容体作動薬を摂取することで、血糖値が下がりやすくなります。

GLP-1受容体作動薬は脳の満腹中枢に働きかけて食欲を抑制する効果もあるため、減量にも一定の効果が示されるお薬です。

一般的に血糖値を下げる薬の摂取後は体重が増えることがありますが、GLP-1受容体作動薬にそのような傾向はみられません。

血糖値を下げる作用の仕組み

血糖値を下げる作用の仕組み
GLP-1受容体作動薬を摂取するとなぜ血糖値が下がるのでしょうか。

食事をして食べ物が消化管を通ると、小腸からGLP-1が分泌されます。
その一部が、血中を流れて膵臓に移動。
GLP-1が膵臓に運ばれるとインスリンの分泌が促され、膵臓からインスリンが放出されて血糖値が下がる、という仕組みです。

GLP-1受容体作動薬がすぐれているところは、食事をしなければGLP-1は分泌されず、インスリンも出ないこと
血糖値が高くなるタイミングに合わせてインスリン分泌が促されるため、低血糖にもなりにくいのです。

GLP-1受容体作動薬の副作用

GLP-1受容体作動薬の副作用
血糖値を下げてくれるGLP-1受容体作動薬ですが、一方でどんな副作用があるのでしょうか。

胃腸障害

GLP-1受容体作動薬の典型的な副作用は、吐き気や嘔吐、下痢、便秘、消化不良などの胃腸障害です。

まれに、胆石症や胆嚢炎、胆管炎、胆汁うっ滞性黄疸といった症状が表れることもあります。
多くの場合、軽い症状にとどまり、しばらくすると治まっていきます。

症状がひどかったり、長引いたりする場合は放置せずかかりつけ医に相談してください。

低血糖

先述の通り、GLP-1受容体作動薬は他の糖尿病治療薬と比べ、低血糖になりにくいお薬です。
とはいえ、インスリン分泌を促進して血糖値を下げる効果があるため、まれに低血糖を引き起こすケースもみられます。

低血糖になると、冷や汗やむかつき、手足の震え、ふらつきなどの症状が表れ、場合によっては症状が持続することもあります。
これらの症状が表れた場合は「ブドウ糖10g」あるいは「ブドウ糖を含む飲料水150~200ml」を摂取してください。

なおブドウ糖のとり過ぎには注意すること。
チョコレートのような吸収の遅い糖分は低血糖の対処には不向きです。
糖分を摂取しても症状が引かない場合は、かかりつけ医に相談して適切な処置を受けましょう。

GLP-1の副作用|ダイエット中の対処法とリスクを回避する方法

GLP-1受容体作動薬の種類

GLP-1受容体作動薬は注射もしくは経口薬を服用して摂取します。
注射薬と経口薬それぞれの種類を紹介します。

注射薬

GLP-1受容体作動薬の注射薬の種類は以下の通りです。

  • ビクトーザ:1日1回投与
  • リキスミア:1日1回投与
  • バイエッタ:1日2回投与
  • トルリシティ:週1回投与
  • オゼンピック:週1回投与

これらの注製剤を患者さん自ら注射器を使って投与します。
注射器はかかりつけ医から指導を受けて適切に使用してください。

GLP-1注射サクセンダとは?ダイエット効果と副作用を徹底解説!

経口薬(飲み薬)

GLP-1受容体作動薬には飲み薬もあり、「リベルサス」と呼ばれているものです。

≪リベルサスの服用方法≫
  • 1日1回経口投与
  • 空腹時(主に朝食前)に飲む
  • コップ半分程度の水(約120ml)と一緒に飲む
  • 分割したり噛み砕いたりなどの服用は避ける
  • 食後30分は飲食および他の薬剤の摂取は避ける

またリベルサスには「3mg」「7mg」「14mg」の3種類があり、経過をみながら徐々に増やしていく摂取方法が一般的です。
3mgで開始し、4週間以上摂取した後、7mgに変更して様子をみます。
7mgを試しても効果が不十分な場合、14mgに増量することができます。

リベルサス(GLP-1経口薬)のダイエット効果と飲み方、副作用を解説

GLP-1受容体作動薬についてよくある質問

GLP-1受容体作動薬についてよくある質問

どんな効果がありますか?

膵臓に働きかけてインスリン分泌を促し、血糖値を下げます。
食後の血糖値が高くなるときだけインスリンを増やせるので、ほかの糖尿病治療薬と比べ低血糖になりにくいです。
食欲が抑制され食べ過ぎを抑える効果も期待できます。

危険性や注意点はないですか?

下痢や便秘、吐き気や嘔吐などの副作用には注意する必要があります。
危険性があるとすれば、安全性が保証されない海外製品を使用したときです。
GLP-1受容体作動薬の内服薬「リベルサス」は国内のクリニックを通さず輸入代理店からの入手も可能で、こうした海外製品には粗悪品や偽造品が多く、どんな健康被害が起こるかわかりません。
GLP-1受容体作動薬を使用する場合は必ず国内の医療機関を受診して処方を受けてください

GLP-1ダイエットの危険性とは?副作用や注意点を解説

どのような人が向いていますか?

GLP-1受容体作動薬を使用した治療が適応されるのは、2型糖尿病患者さんです。
発症してまもなく食事療法や運動療法で血糖値の改善に取り組む方から、すでにインスリンやその他の飲み薬を服用している方まで、多くの患者さんが使用しています。

なお、GLP-1受容体作動薬は膵臓のインスリン分泌の増加を狙った治療薬なので、すでにインスリンが枯渇している患者さんや、インスリン不足の1型糖尿病患者さんには適用できません。

使い始めたらどれくらい続けるのですか?

GLP-1受容体作動薬の使用期間は本人の状態や摂取後の経過によって異なり、個人差があります。
患者さんの様子をみてお薬の増減を決めたり、他の薬への移行を検討するなど、担当医が適切に判断します。

費用はどれくらいかかりますか?

1日150~350円程度です(3割負担)。
投与量や使用期間によって異なります。

まとめ

まとめ
最後に、この記事のおさらいです。

  • GLP-1受容体作動薬は体内のホルモン「GLP-1」の分泌を促し、インスリン作用を助けて血糖値を下げる糖尿病治療薬
  • GLP-1の分泌によってインスリン作用が働くことで血糖値が下がる
  • 副作用は「胃腸障害」「低血糖」
  • ただしその他の糖尿病治療薬より低血糖のリスクは少ない
  • 注射薬にはビクトーザやトリルシティ、オザンピック、バイエッタ、リキスミアが、経口薬にはリベルサスがある

GLP-1受容体作動薬は多くの2型糖尿病患者さんに処方されているお薬です。
食事改善や運動に取り組んでも目標の血糖値に届かない方は、GLP-1受容体作動薬の摂取で改善が見込めないか、主治医に相談してみるのもよいかもしれません。